ASDOからのお知らせ

ASDOからのお知らせ

 [ 研修委員会 ]   2019/12/27 修正削除

               ASDO・JSCA東京共催 技術研修会のお知らせ

               シリーズ「これからの建築構造工学を考える」

               第2回 限界状態設計法
               講師:東京大学名誉教授 日本大学客員教授 神田順先生

                             共催 一社)東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                一社)日本建築構造技術者協会(JSCA)

           年の瀬を迎えて皆様方には慌ただしい日々をお送りのことと存じます。
          今年の日本列島は、相次ぐ台風による豪雨と暴風に大きな被害を受け、とうとう日本は
          自然災害大国と言われるまで大きな災害に見舞われました。
          被災地の方々のご苦労はいかばかりのものかと、心よりお見舞い申し上げます。
          こうした近年の想定外の自然現象による大災害にの中にあって、今構造設計者の間では
          外力をどの程度の大きさまで想定するべきなのかに関心が寄せられています。
          そこで現在、ASDO,JSCA共催の研修会では、神田順先生を講師にお招きして、先生の専門
          分野である確率論に基づく設計荷重論をお話し頂いています。
          シリーズの第1回では不確実性を含む自然現象に対する安全性を定量化する手法として、
          理論的極値分布を考えるグンベル分布、経験的極値分布を考えるカンダ分布を中心にお話
          し頂きました。
          シリーズ第2回目では確率論の視点からたった限界状態設計法について、お話を伺うことに
          なっています。
          神田先生より以下の通り皆様へのメッセージを頂いております。
          お忙しいこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、皆様の奮ってのご参加をお待ちし
          ております。


                       神田先生よりのメッセージ第2回 

          第2回目は、確率論を基本とする構造設計の枠組みとして、国際的にも一般に用いられて
          いる限界状態設計法について、主に4つのトピックスについてお話します。
          1)信頼性指標は、ISOでも構造安全性を評価するためのβとして定義されている。
           正規分布する確率変数に対して、確率的に便利な指標である。
          2)ヨーロコードは、ヨーロッパが一つの経済圏であるために構造設計法を統一的な基準
           とするため1990年ころから今日まで整備されてきている。ISOとは協定により整合する
           ことが求められている。
          3)AFOSM法は、確率変数が正規分布でなかったり、限界状態を表現する関数が線形でなく
           ても、同様にβを求めるための方法であり、これにより普及が進んだ。
          4)荷重係数は、信頼性指標と変数のばらつきに応じて係数が定まるので、その意味が、
           合理的に説明できる。
           もっとも荷重のばらつきが卓越するのであれば、再現期間換算係数と同等に扱うことが
           できる。
 
                 テーマ:シリーズ「これからの建築構造工学を考える」

           第二回「限界状態設計法」
            日時 :2020年1月15日(水)
                     受付  :17時30分より   
                    場所 :日大理工学部駿河台校舎1号館 2階 121会議室   
                    プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
                      18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
                      18:05~19:35  講演 東京大学名誉教授 神田順先生
                      19:35~20:00  質疑応答
                    資料代 : ASDO正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員 ¥1,500 
                      非会員 ¥2,000        学生 ¥500
  
                      参加希望の方は、下記申込みフォームよりお申し込み下さい。
                      ※JSCA会員としてお申込みの方は、JSCA窓口よりお申込みください。
                    →  https://forms.gle/2z1F2KvZqcWWStTk7
                      申込締切日 2020年1月8日(水)

    



 [ 研修委員会 ]   2019/09/25 修正削除

                                                                                  2019年9月
                                      第3回 ASDO構造勉強会のお知らせ

                                                     (一社)東京構造設計事務所協会(ASDO) 研修委員会

                       この度、第3回ASDO構造勉強会を開催しますので、お知らせいたします。
                     前回まで満田衛資先生、大野博史先生に御講演いただいた構造勉強会ですが、
                     今回は、多くの建築家から信頼され様々な空間構造を実現されている山田憲明
                     先生にお越しいただきます。
                     ご存知のこととは思いますが山田憲明先生は、木造分野において特にご活躍さ
                     れ数多くの賞を受賞されております。
                     今回は設計に関わるお話はもちろんのこと、事務所の運営やキャリアデザイン
                     に関しても伺う予定です。
                     日頃、外部の同業者と話す機会が少ない若手の構造設計者は多いと思われます。
                     同世代のトップランナーとの交流は、大きな刺激になるに違いありません。
                     講演の後には懇親会を企画しており、楽しい時間になると思います。
                    この勉強会は、ASDO会員および、会員事務所の所員のスキルアップを目的とし
                     ていますが、その他の構造設計業務に従事している方々のご参加も大歓迎です。

                                                       -記-

               日時          2019年11月1日(金) 
                     18:30~       受付開始
                     19:00~20:00 講演
                     20:00~20:30 ディスカッション
                     20:30~22:00 懇親会
               場所          親交セミナールーム
                     〒102-0072  千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル3F
                     交通         JR中央線、総武線、地下鉄東西線 「飯田橋駅」 徒歩3分
               定員         30名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
                     参加費       勉強会:無料
                     懇親会       3,000- ※当日会場にて申し受けます。
                     申込締切日  2019年10月25日(金)
                  ※懇親会ではケータリングと飲み物(アルコール含む)を用意いたします。
                     お申込みは、以下のお申込みフォームにてお願いします。


                     →  https://forms.gle/MkBz1rQDPuuT5Vd7A

 

                    □山田憲明 (やまだのりあき)氏 プロフィール

                   1973     東京都生まれ
                   1997     京都大学工学部建築学科卒業
                   1997     増田建築構造事務所 入所
                   2012     山田憲明構造設計事務所 設立

                   受賞
                   2005     第1回ものづくり日本大賞
                   2005     第7回国土技術開発賞最優秀賞
                   2011     第22回JSCA賞作品賞
                   2012     第7回日本構造デザイン賞

                   昭和電工(大分県立)武道スポーツセンター(2019年4月竣工)
                   設計:石本建築事務所
                   屋根構造設計:山田憲明構造設計事務所
                   地元の製材を用い70mスパンの屋根架構を実現




 [ 研修委員会 ]   2019/08/02 修正削除

                 ASDO・JSCA東京共催 技術研修会のお知らせ

                シリーズ「これからの建築構造工学を考える」

                第1回 荷重と極値分布
                講師:東京大学名誉教授 神田順先生

                               共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                  日本建築構造技術者協会(JSCA)

         今年も暑い夏を迎えましたが、皆様におかれましてはますますお元気でご活躍のことと
         お慶び申し上げます。
         日頃より、ASDO・JSCA共催の当技術研修会にご参加頂きありがとうございます。
         当研修会では、10月より、新しく4回に渡ってシリーズ「これからの建築構造工学」を
         企画いたしました。
         講師は、限界状態設計関連の著書等により、皆様もよくご存知の東京大学名誉教授、
         神田順先生にお引き受けいただき、興味深いお話をして頂くようお願いしました。
         シリーズ第1回目研修会を次頁の通りご案内いたします。講義内容につきましては、
         「荷重と極値分布」についてお話いただきますが、神田先生より以下の通り皆様への
         メッセージを頂いております。
         皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。


                     神田先生よりのメッセージ

         初回の講義では、構造物の安全性に大きくかかわる荷重の不確定性について、モデル化を
         どのように考えたらよいか、主に極値分布とその応用について、話題提供します。
         (1) なぜ確率論か? 荷重のように将来生じるまれな事象については、不確定性を有す
         るので、どの程度安全かを考える上で荷重の大きさを設定するにあたっては、確率論に基
         づく解釈が欠かせない。
         (2) グンベル分布で考える グンベル分布は、上限も下限もない場合の確率的な最大値
         という条件だけから漸近分布として数学的に導かれる。特有の性質をもつ扱いやすい確率
         分布である。
         (3) カンダ分布の紹介 上限も下限もあるという工学的に考えた条件から、経験的極値
         分布として提案したもので、地震動や津波波高への適合性を説明する。
         (4) 荷重強さと極値分布 積雪深、強風、地震動強さなどを年最大値で扱ったときに、
         そのばらつきの特性を、極値分布の性質から考える。

                          記

          テーマ:シリーズ「これからの建築構造工学を考える」
          第一回「荷重と極値分布」
           日時 :2019年10月8日(火)
           受付  :17時30分より   
           場所 :日大理工学部駿河台校舎1号館 2階 121会議室   
                   プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
                   18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
                   18:05~19:35  講演 東京大学名誉教授 神田順先生
                   19:35~20:00  質疑応答
                 資料代 :ASDO正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員、JSCA会員  ¥1,500 
                             非会員 ¥2,000        学生 ¥500
  
                   参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
                   申込締切日 2019年10月1日(火)
                   問合せ先(株)親交設計 TEL  03-5215-3033
                申込書送付先 e-mail:kensyu1@asdo.jp  FAX:03-5215-3034

                  東京構造設計事務所協会 御中                2019年  月  日  
                  □10月8日(火)開催のASDO・JSCA東京共催 技術研修会に参加を申し込みます。
                    
                  氏名:
                  所属:
                  連絡先 tel:
                         Mail:
                  ASDO会員種別   (正 準 賛助)会員  非会員  学生
                                           



 [ 交流委員会 ]   2019/07/02 修正削除

                                                              一般社団法人 東京構造設計事務所協会
                                                                                   会長 山内哲理 

                      シンポジウム「どうなる!これからの構造設計とプログラム」のご案内
                                      (第12回ASDO技術交流会)

                      ASDOでは毎年、技術交流会を企画実施し多くの方にご参加を頂いて参りました。
                    本年は、構造設計に欠かせないプログラムについて、その現状と将来性を考えるシン
                    ポジウムを開催することとなりました。
                    設計者とプログラムメーカーによるパネルディスカッションと、和田章先生
                  (東京工業大学名誉教授)の講演です。是非ともご参加頂けますようお願い致します。
                    また、シンポジウム後に懇親会も開催しますので、こちらもあわせてご参加を頂きま
                    すようご案内申し上げます。

                                                     記
                     ■シンポジウム
                     開  催  日  2019年9月12日(木)
                     会     場  タワーホール船堀 5階小ホール(東京都江戸川区船堀4-1-1)
                                     船堀駅北口より徒歩約1分
                     会     費  無料
                     定     員 250名(申し込み先着順)
                     進   行   役  金兵秀樹(株式会社オムニ設計)
                     パ ネ リ ス ト  ASDO正会員:伊藤喜啓・唐崎裕至・森田敏・川村大樹・大沼彰裕
                                     ASDO賛助会員:(株)NTTファシリティーズ総研
                                                       (株)構造計画研究所・(株)構造システム
                                                       (株)構造ソフト・ユニオンシステム(株)

                     タイムスケジュール (時間帯及び内容が多少変わる可能性があります)
                                内  容
                     13:00 ~ 13:20 受付
                     13:20 ~ 13:30 主催者挨拶及び趣旨説明
                     13:30 ~ 14:30 第1部 「プログラムメーカーの現状と目指すもの」
                                休憩(10分)
                     14:40 ~ 16:10 第2部 「どうなる!これからの構造設計とプログラム」
                                        BIMやAIは構造設計を変えるのか!?
                                休憩(10分)
                     16:20 ~ 17:50 第3部   講演「便利さで得るもの失うもの」
                                        ~~小学生に連立方程式を教えないわけ~~
                                        講師 和田章先生(東京工業大学名誉教授)
                     17:50 ~ 18:00 総評・閉会の挨拶

                     ■懇  親  会
                     会    場       キリンシティタワーホール船堀店(タワーホール船堀1階)
                                      TEL 050-3462-3091
                     時   間       18:30 ~ 20:30 (受付開始 18:00)
                     参 加 費       4,000円

                     ■参加申込方法   HPの案内にある申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上で
                                      FAXにてお申し込みください。
                     FAX番号        03-3358-2422  株式会社オムニ設計  担当:金兵宛 

                     ■申込締切り     8/23(金)受付票は8/29(木)頃にFAXにて送らせて頂きます。
                     ■問合せ         TEL03-3358-2421 担当:金兵秀樹(かなひょうひでき)
                                                       株式会社オムニ設計




 [ 研修委員会 ]   2019/06/08 修正削除

                                                                            
                               ASDO・JSCA東京共催 技術研修会のお知らせ

                               シリーズ「風を考える」
                              第4回 建築物の設計で考慮すべき動的な風圧・風力、設計用風荷重

                講師:東京工芸大学名誉教授 田村幸雄先生

                                                                共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                                                     日本建築構造技術者協会(JSCA)

              改元騒ぎが一段落して、ようやく日常が元に戻ったような昨今ですが、皆様におかれましては
             ますますお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
             日頃より、ASDO・JSCA共催の当技術研修会にご参加頂きありがとうございます。
             現在当研修会では、昨年10月よりこれまで3回に渡ってシリーズ「風を考える」を続けております。
             その間、講師をお願いしております東京工芸大学名誉教授田村幸雄先生には、ご多忙中にもかかわ
             らず、毎回素晴らしい資料の配布とともに、興味深いお話をして頂いております。
             お陰様で毎回120名を超える熱心な参加者を得て、熱気のこもった研修会となっております。
             今回はその最終回となるシリーズ第4回目のご案内です。
             今回の講義内容につきましては、田村先生より下記の通り皆様へのメッセージを頂いております。
             これまで同様、建築物の設計で考慮すべき風の問題に関して、多彩なお話ご用意して頂いており
             ます。
             またテーマの最終回恒例となっております、講義終了後に先生を囲んでの懇談会も予定しており
             ますので、あわせてご参加頂きますようご案内申し上げます。

                                                      記

                                            田村先生よりのメッセージ

              第4回の講義では、建築物の空力的特性、風応答、歩行者レベルの風への形状の影響、耐風
              設計用の減衰定数等に関連して、以下の項目について紹介します。

             (1)種々の形状(45種類)を持つ超高層建築物の空力的特性(平均風力、変動風力、風
                   力のスペクトル)、ヘリカル建物のねじり角の影響、多角形断面の辺数の影響、風力
                   の組合わせへの影響、風応答の比較、局部風圧への影響
             (2)種々の形状(40種類)を持つ超高層建築物周辺の歩行者レベルの強風特性、最大増
                   速率、強風域の面積、隅角部形状の影響、ヘリカル建物のねじり角の影響、多角形断
                   面の辺数の影響
             (3)歩行者レベルの風に対する建物高さの影響、建物幅の影響、建物サイズの影響
             (4)耐風設計用の減衰定数、減衰の物理的要因、振幅依存性、減衰評価手法、建築物の減
                   衰データベース、付着-滑りモデル、設計用減衰定数の予測式と標準的値

                                                 開催要項
                   日時 :2019年7月2日(火)18:00~20:00
                   受付  :17時30分より   
                   場所 :日大理工学部駿河台校舎1号館 6階 CSTホール   
                   プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
                           18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
                           18:05~19:35  講演 東京工芸大学名誉教授 田村幸雄先生
                           19:35~20:00  質疑応答
                           20:10~21:30  意見交換会(懇談会)
                    研修会参加費:ASDO正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員、JSCA会員 ¥1,500 
                                  非会員 ¥2,000   学生 ¥500
                                  意見交換会参加費:¥3,000

                    参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
                    申込締切日 2019年6月25日(火)
                    問合せ先(株)親交設計 TEL  03-5215-3033
                 申込書送付先            FAX:03-5215-3034

                   東京構造設計事務所協会 御中               2019年  月  日
                   □ 7月2日(火)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会に参加を申し込みます
                   氏名:
                   所属:
                   連絡先       tel:
                                Mail:
                  ASDO会員種別   (正 準 賛助)会員  非会員  学生
                  意見交換会    参加  不参加



 [ 研修委員会 ]   2019/04/18 修正削除

            シリーズ「風を考える」
            第3回 建築物の設計で考慮すべき動的な風圧・風力、設計用風荷重

                講師:東京工芸大学名誉教授 田村幸雄先生

                               共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                  日本建築構造技術者協会(JSCA)

           今年も桜があっという間に散り、いよいよ活動的な季節となりましたが、皆様に
          おかれましては相変わらずお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
          日頃より、ASDO・JSCA共催の当技術研修会にご参加頂きありがとうございます。
          次回の研修会は、前回に引き続き、東京工芸大学名誉教授田村幸雄先生を講師にお
          招きして「風を考える」のシリーズ第3回目となります。
          シリーズ第1回では、耐風設計で考慮すべき強風の種類と、それらによる建築物や、
          構造物の被害に関連する項目について講義をして頂きました。
          続く第2回では建築物、構造物の風振動、強風の統計的性質と、静的風力に関連する
          項目について講義をして頂きました。
          シリーズ3回目となる次回の研修会の実施要項が、以下の通り決まりましたのでご案内
          申し上げます。
          講義では毎回、設計実務に必要な項目を興味深くご紹介して頂いています。
          皆様の奮っての参加をお待ちししております。

                             記

          テーマ: 建築物の設計で考慮すべき動的な風圧・風力、設計用風荷重
          講義概要:
          (1)風圧の時間変動、準定常仮定と変動風圧、変動風圧の空間スケール、
             室内圧の時間変動
          (2)風力の時間変動、一般の建築物に作用する風力、線状構造物に作用
             する風力、ラチス構造物に作用する風力、振動依存風力、基本断面
             に作用する変動風力
          (3)設計用風荷重、風による荷重効果、静的風荷重、動的風荷重、準静
             的風荷重、等価静的風荷重
          (4)日本建築学会・建築物荷重指針(2015)での風荷重算定と耐風設計
             の要点
               
           日時 :2019年5月8日(水)18:00~20:00
           受付  :17時30分より   
           場所 :日大理工学部駿河台校舎1号館 6階 CSTホール   
           プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
           18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
           18:05~19:35  講演 東京工芸大学名誉教授 田村幸雄先生
           19:35~20:00  質疑応答
           参加費 : ASDO正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員、JSCA会員  ¥1,500 
           非会員   ¥2,000       学生    ¥500
           参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
           申込締切日 2019年4月24日(火)
           問合せ先(株)親交設計 TEL  03-5215-3033
           申込書送付先       FAX:03-5215-3034

           東京構造設計事務所協会 御中               2019年  月  日              
           □ 5月8日(水)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会に参加を申し込みます。
   
               氏   名
             所  属                 
             会員種別   ( 正 準 賛助 ) 会員   非会員  学生
            


 [ 研修委員会 ]   2018/08/30 修正削除

                                  
                   シリーズ「風を考える」
                   第1回 建築物の設計で考慮すべき風現象と耐風設計の基本事項

                 講師:東京工芸大学名誉教授 田村幸雄先生

                                                                 共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                                                      日本建築構造技術者協会(JSCA)

                  皆様におかれましては、ますますお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
                日頃より、ASDO・JSCA共催の技術研修会に熱心にご参加頂きありがとうございます。
                お陰をもちまして、前回までに東京工業大学竹内徹先生を講師にお招きしてのシリーズ
               「エネルギー吸収部材を用いた構造のデザインの可能性」が、盛況裏に無事終了いたしました。
                引き続き、今回からは東京工芸大学名誉教授の田村幸雄先生によるシリーズ「風を考える」の
        第一回を下記の通り開催いたします。
         ご存知の様に田村先生は風と建築物との関係の研究を40年以上に渡って続けておられ、その
        多大なご功績は、数々の世界的な賞の受賞歴と現在の中国での目覚ましいご活躍からも、容易
        に想像ができます。
        一般的に構造計算上は地震力による水平力に比べて風荷重が小さくなるため、ともすればあま
        り意識せず、構造設計者の風に対する知識は限れらています。しかし風による被災の
        状況は様々で、都市の安全性を脅かすこともしばしばです。また木造をはじめとした構造物の
        軽量化が進み、塔状比の大きな建築物も多くなってきている近年では、風の問題をこれまでの
        様に安易に考えることは許されません。
        そこで田村先生には大変お忙し中にもかかわらず、全4回に渡って貴重なご講演を頂く予定です。
        皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。
 
                        田村幸雄先生よりのメッセージ

        第1回の講義では,以下の6項目について,紹介する.

       (1)台風,竜巻,ダウンバースト,カタバ風など,構造物に被害をもたらす種々の風事象
       (2)風圧力分布と風被害の関係,最近の金属屋根や膜屋根の被害,飛来物対策の重要性と
          被害の連鎖,内圧変化の影響,地形の影響など,風災害の現状と特徴
       (3)バフェティング,渦励振,オバリング,ギャロピング,捩れフラッタなど,構造物の
          風による振動現象
       (4)平均風速,瞬間風速,乱れの強さ,乱れのスケール,変動風速スペクトル,ガスト
          ファクター,ピークファクターなど,強風の性質
       (5)大気境界層内での風速鉛直分布と地表面粗度
       (6)再現期間,風向係数など設計風速関連事項



                            記
                 
        テーマ:シリーズ第一回「建築物の設計で考慮すべき風現象と耐風設計の基本事項」
         日時 :2018年10月9日(火)
               受付  :17時30分より   
              場所 :日大理工学部駿河台校舎1号館 6階 CSTホール   
        プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
           18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
           18:05~19:35  講演 東京工芸大学名誉教授 田村幸雄先生
           19:35~20:00  質疑応答
        資料代 : ASDO正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員、JSCA会員  ¥1,500 
                    非会員   ¥2,000       学生    ¥500
  
        参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
        申込締切日 2018年9月30日(日)
        問合せ先(株)親交設計 TEL  03-5215-3033
        申込書送付先        FAX:03-5215-3034

                            東京構造設計事務所協会 御中          2018年  月  日              
                □ 10月9日(火)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会
                    どちらかに丸印を付けてご返信願います

                 研修会   ・参加   ・不参加
                 氏   名
                所  属                 
                 会員種別   ( 正 準 賛助 ) 会員   非会員  学生
                                 






 [ 技術交流委員会 ]   2018/07/24 修正削除

           「鉄骨柱脚を極める為のシンポジウム」のご案内
               (第11回ASDO技術交流会)

       ASDOの交流委員会では、毎年技術交流会を企画実施し、多くの方にご参加を
      頂いて参りました。
      本年は「鉄骨柱脚を極める為のシンポジウム」と題して、開催する事となりました
      のでご案内させて頂きます。
      今回の企画では、鉄骨柱脚に関して大変にお詳しい、千葉大学名誉教授の森田耕次
      先生に公演を頂きます。
       他、鉄骨柱脚関連の技術開発者の皆様をお招きしてのパネルディスカッションも、
      開催する予定でございます。
      またシンポジウム閉会後には、森田耕次先生及びパネリストの皆様を囲んでの懇親会
      も開催しますので、あわせてご参加を頂けますようご案内申し上げます。

                       記

      □シンポジウム開催概要
       開 催 日   2018年9月20日(木)
       時   間   13時受付開始/13時半開会
       会   場   けんぽプラザ3階集会室(渋谷区千駄ヶ谷2-37-9)
       定   員   100名(申し込み先着順)
 
      ① パネルディスカッション
      時   間   13:30~17:00
      テ ー マ   第1部「商品の開発思想~柱脚設計のノウハウ」
              第2部「施工に関する問題~被害や実験等の紹介」
      進 行 役   神田哲賢(株式会社神田哲賢設計工房)
      パネリスト   鉄骨柱脚関係技術開発担当者等(参加者調整中)
              ASDO正会員(参加者調整中)
      会   費   正会員・準会員・賛助会員 無料、
              後援団体会員 500円、非会員 1000円(①部②部共通)
 
      ②講 演 会
      時   間   17:10~17:50
      講 演 者   千葉大学名誉教授 森田耕次 先生
      テ ー マ  「鉄骨柱脚研究と学協会活動」
      会   費  正会員・準会員・賛助会員 無料、
             後援団体会員 500円、非会員 1000円(①部②部共通)
 
      □懇 親 会
      時   間   18:00~19:30
      会   場   けんぽプラザ2階「レストランパル」
      会   費   4,000円


      ■参加申込  申込は9/7(金)迄に、FAXにてお願い致します。
                 受付票は9/14頃に送らせて頂きます。
                          なお、会費は当日会場にて申し受けます。



 [ 研修委員会 ]   2018/06/06 修正削除

           シリーズ「エネルギー吸収部材を用いた構造のデザインの可能性」
           第4回 グリッドシェル・テンション構造のデザインと応答制御

               講師:東京工業大学教授 竹内徹 先生

                                 共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                    日本建築構造技術者協会(JSCA)

         皆様におかれましては、ますますお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
        竹内徹先生を講師にお招きして実施してまいりました、研修会「エネルギー吸収部材
        を用いた構造デザインの可能性」のシリーズ最終回となる第4回研修会について、以下
        の通りご案内申し上げます。
         これまで3回の研修では、外殻構造(第1回)、心棒構造(第2回)、立体トラス・ラチ
        スシェル屋根構造(第3回)に関する、それぞれの構造デザインと応答制御についてお話
        を頂きました。
        各回のお話で、様々な構造方式による構造体が、地震動によってどのように挙動するか
        を予見し、それに対応する安全性を高めるための制御方法や、設計上の留意点などにつ
        いて、数多くの実例や地震被災例をもとに、大変興味深く、参考になるお話をお聞きし
        ました。
        前回の第3回で、第4回に予定して頂いていたテーマまで、勢いに乗って同時に講義して
        頂きましたので、第4回の今回は、特別追加講演ということで標記の様なテーマでお話を
        して頂くことになりました。
        したがって実質的にはシリーズの第5回ということになり、これまで同様、竹内先生の
        構造設計に関する様々なノウハウをお話しいただけるものと思っています。
        また今回はシリーズ最終回になりますので、研修終了後には最終回恒例の、竹内先生を
        囲んで簡単な酒食を共にしながらの意見交換会を予定しております。こちらの方も併せ
        て、皆様の積極的なご参加を心よりお待ちしております。
 
                        竹内徹先生よりのメッセージ

        圧縮を受けるグリッドシェル構造では剛性・耐力を低下させる幾何非線形性も、初期張力
        を伴うテンション(ケーブル)構造では剛性を高める方向に働き、これを利用することで様々
        な構造デザインが可能となる。
        最終回では構造物の大変形に伴う幾何非線形性について概説し、幾何剛性を利用した様々な
        構造デザインについて具体的な応用例を紹介する。
        また、幾何剛性が危険側に働く代表的な特性にPΔ効果がある。空間構造に限らず、超高層
        免震構造の設計等で問題となる幾何非線形性の検討手法についても触れる。これらの特性は
        第3回までの地震エネルギーのコントロールを超え、構造部材の歪エネルギーと建築物の位置
        エネルギーのコントロールに繋がる概念となる。
                            教科書/建築技術:力学・素材・構造デザイン 
        なお本書は、当日出版元の(株)建築技術より2,800円(税込み)で出張販売をして頂くこと
        になっています。

                               記
                 
        テーマ: テンション・トラス構造のデザインと応答制御
         日時 : 2018年8月2日 (木)
        受付  :17時30分より   
              場所 :研修会 日大理工学部駿河台校舎1号館 2階 121会議室
          意見交換会 同館 2階 カフェテリア
              プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
                 18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
                 18:05~19:35  講演 東京工業大学教授 竹内徹先生
                 19:35~20:00  質疑応答
                 20:10~21:30  意見交換会
              資料代 : 正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員・JSCA会員  ¥1,500 
                非会員   ¥2,000       学生    ¥500
              意見交換会参加費 3,000円

                 参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
                 申込締切日 2018年7月26日(木)
                 問合せ先(株)親交設計 TEL  03-5215-3033
               申込書送付先 FAX:03-5215-3034

                 東京構造設計事務所協会 御中                2018年  月  日              
                 □ 8月2日(木)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会
                 どちらかに丸印を付けてご返信願います

                 研修会   ・参加   ・不参加
                 意見交換会 ・参加   ・不参加

         氏   名

         所  属 
                
                 会員種別   ( 正 準 賛助 ) 会員   非会員  学生
                                 

                 竹内徹先生ご紹介
                 略歴
                 昭和57年東京工業大学工学部建築学科卒業
                 昭和59年東京工業大学社会開発工学科修士課程修了
                 昭和59年新日本製鉄建築事業部建築設計室
                 平成2年 英国Ove Arup & Partners派遣勤務
                 平成4年 新日本製鉄建築事業部鉄構設計室
                 平成13年東京工業大学総合理工学研究科博士課程修了
                 平成15年東京工業大学理工学研究科建築学専攻助教授
                 平成19年 同 准教授
                 平成21年 同 教授
                現在の主な研究テーマ
                 鋼構造、空間構造、耐震・制振・免震構造の研究を行う傍ら、これらを応用した
                 構造デザインを手がける。

                 主な学外活動
                日本建築学会:総務理事(2011.6~2013.5)
                   監事(2016.6~)
                シェル・空間構造運営委員会主査(2015.4~)
                鋼構造運営委員会委員
                副会長(2018.6~)
                日本学術会議 土木工学・建築学委員会 連携会員
                IASS Executive Council, Chair WG8 



 [ 総務委員会 ]   2018/06/06 修正削除

              2018年 定期総会後の講演のご案内

この度、一般社団法人東京構造設計事務所協会(ASDO)は、2018年定期総会を開催します。
定期総会終了後、「政治・行政の構造計算と地震力」と題して若狭勝先生のご講演を開催いたします。

開 催 日   2018年6月15日(金曜日)
会  場   建築家会館 1階 ホ-ル
       渋谷区神宮前 2-3-16 TEL:03-3401-6281
交  通   JR総武線千駄ヶ谷駅下車徒歩13分
       地下鉄銀座線外苑前駅下車徒歩8分


[講   演] 受  付 15:00~15:30   会 費  無 料
        講演時間 15:30~17:00

        「政治・行政の構造計算と地震力」

        講  師 若狭 勝 先生
         元衆議院議員・現  弁護士法人若狭高橋法律事務所代表弁護士
            近著予定  「若狭は見た!  議事堂内の『清濁政治』」