ASDOからのお知らせ

ASDOからのお知らせ

 [ 研修委員会 ]   2018/08/30 修正削除

                                  
                   シリーズ「風を考える」
                   第1回 建築物の設計で考慮すべき風現象と耐風設計の基本事項

                 講師:東京工芸大学名誉教授 田村幸雄先生

                                                                 共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                                                      日本建築構造技術者協会(JSCA)

                  皆様におかれましては、ますますお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
                日頃より、ASDO・JSCA共催の技術研修会に熱心にご参加頂きありがとうございます。
                お陰をもちまして、前回までに東京工業大学竹内徹先生を講師にお招きしてのシリーズ
               「エネルギー吸収部材を用いた構造のデザインの可能性」が、盛況裏に無事終了いたしました。
                引き続き、今回からは東京工芸大学名誉教授の田村幸雄先生によるシリーズ「風を考える」の
        第一回を下記の通り開催いたします。
         ご存知の様に田村先生は風と建築物との関係の研究を40年以上に渡って続けておられ、その
        多大なご功績は、数々の世界的な賞の受賞歴と現在の中国での目覚ましいご活躍からも、容易
        に想像ができます。
        一般的に構造計算上は地震力による水平力に比べて風荷重が小さくなるため、ともすればあま
        り意識せず、構造設計者の風に対する知識は限れらています。しかし風による被災の
        状況は様々で、都市の安全性を脅かすこともしばしばです。また木造をはじめとした構造物の
        軽量化が進み、塔状比の大きな建築物も多くなってきている近年では、風の問題をこれまでの
        様に安易に考えることは許されません。
        そこで田村先生には大変お忙し中にもかかわらず、全4回に渡って貴重なご講演を頂く予定です。
        皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。
 
                        田村幸雄先生よりのメッセージ

        第1回の講義では,以下の6項目について,紹介する.

       (1)台風,竜巻,ダウンバースト,カタバ風など,構造物に被害をもたらす種々の風事象
       (2)風圧力分布と風被害の関係,最近の金属屋根や膜屋根の被害,飛来物対策の重要性と
          被害の連鎖,内圧変化の影響,地形の影響など,風災害の現状と特徴
       (3)バフェティング,渦励振,オバリング,ギャロピング,捩れフラッタなど,構造物の
          風による振動現象
       (4)平均風速,瞬間風速,乱れの強さ,乱れのスケール,変動風速スペクトル,ガスト
          ファクター,ピークファクターなど,強風の性質
       (5)大気境界層内での風速鉛直分布と地表面粗度
       (6)再現期間,風向係数など設計風速関連事項



                            記
                 
        テーマ:シリーズ第一回「建築物の設計で考慮すべき風現象と耐風設計の基本事項」
         日時 :2018年10月9日(火)
               受付  :17時30分より   
              場所 :日大理工学部駿河台校舎1号館 6階 CSTホール   
        プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
           18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
           18:05~19:35  講演 東京工芸大学名誉教授 田村幸雄先生
           19:35~20:00  質疑応答
        資料代 : ASDO正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員、JSCA会員  ¥1,500 
                    非会員   ¥2,000       学生    ¥500
  
        参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
        申込締切日 2018年9月30日(日)
        問合せ先(株)親交設計 TEL  03-5215-3033
        申込書送付先        FAX:03-5215-3034

                            東京構造設計事務所協会 御中          2018年  月  日              
                □ 10月9日(火)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会
                    どちらかに丸印を付けてご返信願います

                 研修会   ・参加   ・不参加
                 氏   名
                所  属                 
                 会員種別   ( 正 準 賛助 ) 会員   非会員  学生
                                 






 [ 技術交流委員会 ]   2018/07/24 修正削除

           「鉄骨柱脚を極める為のシンポジウム」のご案内
               (第11回ASDO技術交流会)

       ASDOの交流委員会では、毎年技術交流会を企画実施し、多くの方にご参加を
      頂いて参りました。
      本年は「鉄骨柱脚を極める為のシンポジウム」と題して、開催する事となりました
      のでご案内させて頂きます。
      今回の企画では、鉄骨柱脚に関して大変にお詳しい、千葉大学名誉教授の森田耕次
      先生に公演を頂きます。
       他、鉄骨柱脚関連の技術開発者の皆様をお招きしてのパネルディスカッションも、
      開催する予定でございます。
      またシンポジウム閉会後には、森田耕次先生及びパネリストの皆様を囲んでの懇親会
      も開催しますので、あわせてご参加を頂けますようご案内申し上げます。

                       記

      □シンポジウム開催概要
       開 催 日   2018年9月20日(木)
       時   間   13時受付開始/13時半開会
       会   場   けんぽプラザ3階集会室(渋谷区千駄ヶ谷2-37-9)
       定   員   100名(申し込み先着順)
 
      ① パネルディスカッション
      時   間   13:30~17:00
      テ ー マ   第1部「商品の開発思想~柱脚設計のノウハウ」
              第2部「施工に関する問題~被害や実験等の紹介」
      進 行 役   神田哲賢(株式会社神田哲賢設計工房)
      パネリスト   鉄骨柱脚関係技術開発担当者等(参加者調整中)
              ASDO正会員(参加者調整中)
      会   費   正会員・準会員・賛助会員 無料、
              後援団体会員 500円、非会員 1000円(①部②部共通)
 
      ②講 演 会
      時   間   17:10~17:50
      講 演 者   千葉大学名誉教授 森田耕次 先生
      テ ー マ  「鉄骨柱脚研究と学協会活動」
      会   費  正会員・準会員・賛助会員 無料、
             後援団体会員 500円、非会員 1000円(①部②部共通)
 
      □懇 親 会
      時   間   18:00~19:30
      会   場   けんぽプラザ2階「レストランパル」
      会   費   4,000円


      ■参加申込  申込は9/7(金)迄に、FAXにてお願い致します。
                 受付票は9/14頃に送らせて頂きます。
                          なお、会費は当日会場にて申し受けます。



 [ 研修委員会 ]   2018/06/06 修正削除

           シリーズ「エネルギー吸収部材を用いた構造のデザインの可能性」
           第4回 グリッドシェル・テンション構造のデザインと応答制御

               講師:東京工業大学教授 竹内徹 先生

                                 共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                    日本建築構造技術者協会(JSCA)

         皆様におかれましては、ますますお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
        竹内徹先生を講師にお招きして実施してまいりました、研修会「エネルギー吸収部材
        を用いた構造デザインの可能性」のシリーズ最終回となる第4回研修会について、以下
        の通りご案内申し上げます。
         これまで3回の研修では、外殻構造(第1回)、心棒構造(第2回)、立体トラス・ラチ
        スシェル屋根構造(第3回)に関する、それぞれの構造デザインと応答制御についてお話
        を頂きました。
        各回のお話で、様々な構造方式による構造体が、地震動によってどのように挙動するか
        を予見し、それに対応する安全性を高めるための制御方法や、設計上の留意点などにつ
        いて、数多くの実例や地震被災例をもとに、大変興味深く、参考になるお話をお聞きし
        ました。
        前回の第3回で、第4回に予定して頂いていたテーマまで、勢いに乗って同時に講義して
        頂きましたので、第4回の今回は、特別追加講演ということで標記の様なテーマでお話を
        して頂くことになりました。
        したがって実質的にはシリーズの第5回ということになり、これまで同様、竹内先生の
        構造設計に関する様々なノウハウをお話しいただけるものと思っています。
        また今回はシリーズ最終回になりますので、研修終了後には最終回恒例の、竹内先生を
        囲んで簡単な酒食を共にしながらの意見交換会を予定しております。こちらの方も併せ
        て、皆様の積極的なご参加を心よりお待ちしております。
 
                        竹内徹先生よりのメッセージ

        圧縮を受けるグリッドシェル構造では剛性・耐力を低下させる幾何非線形性も、初期張力
        を伴うテンション(ケーブル)構造では剛性を高める方向に働き、これを利用することで様々
        な構造デザインが可能となる。
        最終回では構造物の大変形に伴う幾何非線形性について概説し、幾何剛性を利用した様々な
        構造デザインについて具体的な応用例を紹介する。
        また、幾何剛性が危険側に働く代表的な特性にPΔ効果がある。空間構造に限らず、超高層
        免震構造の設計等で問題となる幾何非線形性の検討手法についても触れる。これらの特性は
        第3回までの地震エネルギーのコントロールを超え、構造部材の歪エネルギーと建築物の位置
        エネルギーのコントロールに繋がる概念となる。
                            教科書/建築技術:力学・素材・構造デザイン 
        なお本書は、当日出版元の(株)建築技術より2,800円(税込み)で出張販売をして頂くこと
        になっています。

                               記
                 
        テーマ: テンション・トラス構造のデザインと応答制御
         日時 : 2018年8月2日 (木)
        受付  :17時30分より   
              場所 :研修会 日大理工学部駿河台校舎1号館 2階 121会議室
          意見交換会 同館 2階 カフェテリア
              プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
                 18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
                 18:05~19:35  講演 東京工業大学教授 竹内徹先生
                 19:35~20:00  質疑応答
                 20:10~21:30  意見交換会
              資料代 : 正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員・JSCA会員  ¥1,500 
                非会員   ¥2,000       学生    ¥500
              意見交換会参加費 3,000円

                 参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
                 申込締切日 2018年7月26日(木)
                 問合せ先(株)親交設計 TEL  03-5215-3033
               申込書送付先 FAX:03-5215-3034

                 東京構造設計事務所協会 御中                2018年  月  日              
                 □ 8月2日(木)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会
                 どちらかに丸印を付けてご返信願います

                 研修会   ・参加   ・不参加
                 意見交換会 ・参加   ・不参加

         氏   名

         所  属 
                
                 会員種別   ( 正 準 賛助 ) 会員   非会員  学生
                                 

                 竹内徹先生ご紹介
                 略歴
                 昭和57年東京工業大学工学部建築学科卒業
                 昭和59年東京工業大学社会開発工学科修士課程修了
                 昭和59年新日本製鉄建築事業部建築設計室
                 平成2年 英国Ove Arup & Partners派遣勤務
                 平成4年 新日本製鉄建築事業部鉄構設計室
                 平成13年東京工業大学総合理工学研究科博士課程修了
                 平成15年東京工業大学理工学研究科建築学専攻助教授
                 平成19年 同 准教授
                 平成21年 同 教授
                現在の主な研究テーマ
                 鋼構造、空間構造、耐震・制振・免震構造の研究を行う傍ら、これらを応用した
                 構造デザインを手がける。

                 主な学外活動
                日本建築学会:総務理事(2011.6~2013.5)
                   監事(2016.6~)
                シェル・空間構造運営委員会主査(2015.4~)
                鋼構造運営委員会委員
                副会長(2018.6~)
                日本学術会議 土木工学・建築学委員会 連携会員
                IASS Executive Council, Chair WG8 



 [ 総務委員会 ]   2018/06/06 修正削除

              2018年 定期総会後の講演のご案内

この度、一般社団法人東京構造設計事務所協会(ASDO)は、2018年定期総会を開催します。
定期総会終了後、「政治・行政の構造計算と地震力」と題して若狭勝先生のご講演を開催いたします。

開 催 日   2018年6月15日(金曜日)
会  場   建築家会館 1階 ホ-ル
       渋谷区神宮前 2-3-16 TEL:03-3401-6281
交  通   JR総武線千駄ヶ谷駅下車徒歩13分
       地下鉄銀座線外苑前駅下車徒歩8分


[講   演] 受  付 15:00~15:30   会 費  無 料
        講演時間 15:30~17:00

        「政治・行政の構造計算と地震力」

        講  師 若狭 勝 先生
         元衆議院議員・現  弁護士法人若狭高橋法律事務所代表弁護士
            近著予定  「若狭は見た!  議事堂内の『清濁政治』」




 [ 研修委員会 ]   2018/01/23 修正削除

             シリーズ「エネルギー吸収部材を用いた構造のデザインの可能性」      
                          第2回 心棒構造のデザインと応答制御   
             講師:東京工業大学教授 竹内徹 先生

                               共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                  日本建築構造技術者協会(JSCA)

           
        本格的な冬の到来を控えて、寒さが日増しに厳しくなる季節となりましたが、
       皆様にはおかれましては、ますますお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
       この度は竹内徹先生を講師にお迎えしたシリーズ第2回研修会のご案内をさせて頂きます。
       前回は竹内先生ご自身が設計に関与された国内外における外殻構造の実施例と、東京工業
       大学内施設の新築、耐震改修の数々の実施例を詳細に解説して頂きました。これらの解説
       を通して特に強調されたのは、大地震時動による建築物の減災を目指した損傷制御の必要
       性と、そための制振装置の効果的配置と、電卓による計算で出来る制御効果の評価方法に
       ついて紹介されました。
       免震構造に比べて、とかくその費用対効果を明確に説明できないことの多い制振構造に関
       して、その効果の確認方法まで含めた様々な実例のご紹介は、日常の構造設計に直接役立
       つ有意義なお話として興味く聞くことができました。
       第2回は骨組の持つ耐力を余すことなく、十分に発揮させようとする心棒構造がテーマです。
       皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

 
                     竹内徹先生よりのメッセージ

       大きな梁に対し柱の先行降伏が予想される建物や、階高の大きい中間階がある等の建物では、
       損傷制御設計を目指していても特定層への損傷の集中や、阪神大震災で見られたような中間
       層崩壊の危険性が回避できない。このような建物に弾性にとどまる剛強な心棒を通すことは
       古くから行われている構造計画であるが、近年はこれにエネルギー吸収部材を組み合わせた
       制御型心棒構造が実用化され、様々な試みが始まっている。
       第2回では各種の制御型心棒構造に関する最近の実施例を紹介し、その最適設計法および簡便
       な応答評価手法について概説する。
       教科書/日本免震構造協会: Buckling-Restrained Braces and Applications

       なお第3回以降のテーマは下記を予定している
       第3回:ラチスシェル屋根構造のデザインと応答制御
       第4回:テンション・トラス構造のデザインと応答制御


                          記
                 
       テーマ:心棒構造のデザインと応答制御
        日時 : 2018年1月23日 (火) 受付:17:30より   
            場所 :研修会 日大理工学部駿河台校舎1号館 2階 121会議室

            プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
               18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
               18:05~19:35  講演 東京工業大学教授 竹内徹先生
               19:35~20:00  質疑応答
             資料代 : 正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員・JSCA会員  ¥1,500 
                          非会員     ¥2,000   
                      学生      ¥500
               参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
               申込締切日 2018年1月9日(火)
               問合せ先(株)親交設計 TEL  03-5215-3033
            申込書送付先            FAX  03-5215-3034

               東京構造設計事務所協会 御中                2018年  月  日              
              □ 1月23日(火)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会
              心棒構造のデザインと応答制御に参加を申し込みます

          氏   名
        所  属                 
                会員種別   ( 正 準 賛助 ) 会員   非会員  学生
                                           



 [ 研修委員会 ]   2017/12/01 修正削除


                  第1回 ASDO構造勉強会のお知らせ

                             東京構造設計事務所協会(ASDO) 研修委員会

       この度ASDOでは、構造勉強会を開催しますので、お知らせいたします。
      これまで、スキルアップ勉強会として年2回開催してきた内容を完全リニューアルし、新進気鋭
      の若手構造家を招いての勉強会と致します。第一弾として、構造家としての作品はもちろんのこ
      と、研究者、教育者としてもご活躍の満田衛資さんにお越しいただきます。
       日頃、外部の人と話す機会が少ない若手の構造設計者は多いと思われます。同世代のトップラ
      ンナーとの交流は、大きな刺激になるに違いありません。講演の後には懇親会を企画しており、
      同世代の同じような立場の方が集まる場ですので、きっと楽しい時間になると思います。
      この勉強会は、会員および、会員事務所の所員のスキルアップを目的としていますが、構造専業
      事務所の開設者、構造専業事務所に所属する方、及びその他の構造設計業務に従事している方の
      ご参加も大歓迎です。
      参加希望される方は、下記用紙に記入の上、MAIL、または、FAXにてお申し込みください。
      定員に限りがありますので、定員になり次第締め切らせていただきます。

                         -記-

      日時   2017年12月12日(火) 18:30~:受付開始
                      19:00~20:00 講演
                      20:00~20:30 ディスカッション
                      20:30~22:00 懇親会
      場所   親交セミナールーム
           〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-14  GS千代田ビル3F
      交通   JR中央・総武線「飯田橋」駅 下車徒歩3分
      定員   30名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
      参加費  会員・賛助会員・学生 無料(会員事務所所員も含む)
           非会員 ¥500-
           懇親会参加費別途 1,000- ※当日会場にて申し受けます。
      申込先  ASDO研修委員会 担当;高松(aR構造設計事務所)
           FAX:042-860-6962
      申込締切日  2017年12月4日(月)

      ※懇親会では簡単なケータリングと飲み物を用意いたします。
 
      □満田衛資(みつだえいすけ)氏 プロフィール

      1972  京都市生まれ
      1991  大阪府立北野高等学校卒業
      1997  京都大学工学部建築学科卒業
      1999  京都大学大学院工学研究科建築学専攻修了
      1999  (株)佐々木睦朗構造計画研究所 入社
      2004   同  副所長 (2006.3退職)
      2006  満田衛資構造計画研究所設立
      2014  京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士後期課程修了 博士(工学)
      2017  大阪工業大学 客員教授
      2017  株式会社満田衛資構造計画研究所設立 代表取締役に就任

      受賞
      第4回京都建築賞藤井厚二賞(House of Kyoto)
      第8回日本構造デザイン賞(大阪府立春日丘高等学校創立100周年記念会館)
      第22回JSCA賞新人賞(中川政七商店新社屋)
      2012年度JSCA関西構造デザイン発表会最優秀作品賞(tomarigi)


      ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                    ASDO構造勉強会参加申込書
                     FAX:042-860-6962

         東京構造設計事務所協会 御中               平成29年  月  日

         12月12日(火)開催の第1回ASDO構造勉強会の参加を申し込みます。

         氏 名  :
         所 属  :
         連絡先住所:
         TEL  :
         FAX  :
         MAIL :
         会員種別 □ASDO会員(会員事務所所員を含む)
              □賛助会員
              □非会員
              □学生



 [ ASDO ]   2017/07/11 修正削除

 この度は、九州北部地方における豪雨災害にて被災された皆様にお見舞い申し上げますとともに、不幸にしてお亡くなりになられた方々にご冥福をお祈りいたします。
皆様の健康と安全を案じ、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 地震による災害だけではなく、大型台風や豪雨、それに伴う土砂災害から、皆様の生命・財産を守るために安全・安心な建物造りをめざし、信頼の設計を提供する建築構造設計事務所の職能団体として、広く社会に貢献していきます。

                 一般社団法人 東京構造設計事務所協会


 [ 交流特別委員会 ]   2017/05/22 修正削除

               「基礎・杭に関するシンポジウム」のご案内
                  (第10回ASDO技術交流会)
   
                        一般社団法人東京構造設計事務所協会(略称:ASDO)
                                                                                    会長 星野修一  

            ASDOの交流特別委員会では、毎年技術交流会を企画・実施し、多くの方に
           ご参加を頂いて参りました。本年はASDOの設立20周年を迎える事を記念して、
           特別企画「基礎・杭に関するシンポジウム」として開催する事となりました。
           基礎や杭、そして地盤に関して特に詳しい専門家の皆様をお招きして、パネルディス
           カッション形式のシンポジウムとして開催させて頂きますので、是非ともご参加頂け
           ますようお願い致します。
            また、シンポジウム後に懇親会も開催しますので、こちらもあわせてご参加を頂き
           ますようご案内申し上げます。

                          記

           ■シンポジウム
           開 催 日 2017年7月14日(金)
           会   場 ルーテル市ヶ谷ホール(東京都新宿区市谷砂土原町1-1)
           会   費 無料
           定   員 200名(申し込み先着順)
           進 行 役 梅野 岳(株式会社梓設計)
           パネリスト 基礎関係技術開発担当者等

                  正会員パネリスト(星野修一、坂井田泰圭、金田勝徳、中澤昭伸)

                                  賛助会員パネリスト予定者名
                   平野二郎 生和テクノス株式会社
                                  金原義信 株式会社サムシング
                                  吉岡 馨 三谷セキサン株式会社
                                  細田光美 ジャパンパイル株式会社
                                  滝戸開治 日本コンクリート工業株式会社
                                  宮本和徹 東洋テクノ株式会社
                                  田宮裕士 株式会社佐藤企業
                                  木村匡秀 株式会社リアス
                                  窪田義信 株式会社トーテック
                                  高橋浩司 株式会社オムテック
                                  小澤慶洋 株式会社三誠

           タイムスケジュール(時間帯及び内容が多少変わる可能性があります)

                    内  容
           12:30 ~ 13:00 受付
           13:00 ~ 13:05 開会の挨拶 、趣旨説明
           13:05 ~ 13:50 第1部 「敷地に残され続ける既存杭を考える」

                        休  憩(5分)
           13:55 ~ 14:40 第2部「施工トラブル対策」
                    休  憩(休憩15分)
           14:55 ~ 15:40 第3部「新たな施工管理手法」
                    休  憩(5分)
           15:45 ~ 16:30 第4部「N値に依存する基礎設計を斬る」
           16:30 ~ 16:40 総評・閉会の挨拶

           ■懇  親  会
             会    場    TKP市ヶ谷カンファレンスセンター3階 ホール3C
                         東京都新宿区市谷八幡町8番地  TEL 03-4577-9251
                        時      間       17:00 ~ 19:00 (受付開始 16:30)
                        参  加  費       2,000円 (賛助会員のみ6,000円)


            申込の受付:6/30(金)迄にFAXにて申込下さい。
                    (受付票は7/7頃にFAXにてお送りします) 

            参加申込書:  下の参加申込書を御利用下さい。
                   (クリックでダウンロードできます) 



 [ 建築検定委員会 ]   2016/12/04 修正削除

                     建築検定委員会

  建築検定 1級検定第2回 実施の御案内

第2回「建築検定 1級検定」を実施いたします。
「建築検定」2級合格者が対象です。「建築検定」に挑戦して2級に合格することで
1級検定を受験できます。1級検定に合格して、あなたの建築の世界を発見してください。

【日  時】  2017年2月19日(日)
         午前12時開始  午後9時受付終了

【受験場所】  任意です。(宅配が届く場所)

【受験資格】  建築検定 2級合格者

【受験費用】  2,000円/一人 (振込手数料はご負担ください)

【その他】  ・今から始めて挑戦していただいても間に合います。
       ・ご自宅で挑戦できます。
       ・解答時間を9時間としましたので調べていただいてかまいません。
       ・合格者には副賞を用意しています。

【詳 細】  詳細は添付資料をご確認ください。



 [ 交流委員会 ]   2016/09/13 修正削除

                                     交流特別委員会委員長 金兵秀樹 

                    第9回ASDO技術交流会のご案内

        ASDOでは賛助会員各社の保有技術と設計手法等の発表会を開催し、正会員と賛助会員との
        技術交流を深め、自由な意見交換が出来る場を設ける為に標記技術交流会を開催しております。
        本年の7月に引き続き、10月に第9回目の技術交流会を下記日程にて開催する予定ですので、
        是非ご参加いただきたくご案内申し上げます。
        また、技術交流会後に懇親会も開催しますので、こちらもあわせてご参加を頂きますようご案
        内致します。

                           記

        開催日   : 平成28年10月18日(火)
        会場    : けんぽプラザ(渋谷区千駄ヶ谷2-37-9 全国設計事務所健康保険組合)
        技術交流会 : けんぽプラザ3階 集会室
        懇親会   : けんぽプラザ2階レストラン「pal」
        会費    : 技術交流会=無料
        懇親会=正会員3,000円・賛助会員5,000円・準会員(正会員の所員)1,000円・非会員3,000円
 

        タイムスケジュール (発表の順番や発表内容は多少変わる可能性があります)

        14:00~14:30 技術交流会受付
        14:30~14:40 開会の挨拶

                      発表者           発表タイトル
                    
        14:40~15:15 合同製鐵株式会社     鉄筋継手部の力の伝達機構における 
                                “分かりやすさ”“シンプルさ” の追求!

        15:15~16:05 アイエスケー株式会社  「ねじ」からはじまる耐震設計
                                (安心・安全な露出柱脚)
        16:05~16:15 休憩
 
        16:15~16:45 東京鉄鋼株式会社    柱梁接合部の設計方法に導入された
                                最新の知見について

        16:45~17:35  日鐵住金建材株式会社   建築構造用冷間プレス成形角型鋼管の
                                要求性能と保有性能
                                  ~脆性破壊防止への挑戦!!~
        17:35~17:40 閉会の挨拶

                17:40~17:50 懇親会受付

                 17:50~19:30 懇親会

         申込の受付  :  9/30(金)迄にFAXにて申込下さい。
                   (受付票は10/6頃にFAXにてお送りします) 

         参加申込書  :  下の参加申込書を御利用下さい。(クリックでダウンロードできます)