ASDOメイン掲示板

オープン掲示板

 [ ケンセツ21事務局 ]   2009/11/24 修正削除

今、お持ちの一貫構造計算ソフトでは入力の難しい形状等ありますか。
例えば自走式立体駐車場や、倉庫、スキップフロアのある建物など。
任意形状に対応した一貫構造計算ソフトASCALなら、複雑な形状の構造物でも図面どおりに入力可能です。確認申請時の図面との不整合も防ぐことができます。
ケンセツ21ではこのたび、体験版のダウンロードを開始しました。使用期限はありません。応力計算までは全ての部材で可能です。自由なモデル入力が実現できます。ぜひとも一度ご利用下さい。 



 [ ASDO情報交流委員会 ]   2009/08/26 修正削除

   
     日本建築構造技術者協会より、『JSCA法人化20周年記念大会』及び
    『2009年度JSCA 中堅構造設計者研修会−スキルアップセミナー』開催の
         ご案内がありましたのでお知らせいたします。

     詳細につきましては、ホームページをご参照ください。

     ○JSCA法人化20周年記念大会
     [ http://www.jsca.or.jp/jscabbs2/InfoBbsDispC.php?Group=7&Category=3&Bbs=1&Item=158 ]

     ○2009年度JSCA 中堅構造設計者研修会−スキルアップセミナー
     [ http://www.jsca.or.jp/jscabbs2/InfoBbsDispC.php?Group=7&Category=3&Bbs=2&Item=28 ]



 
    



 [ 服部信幸 ]   2009/07/15 修正削除

法改正による構造設計一級建築士事務所業務を開始しました。
それに伴い、下記のように事務所名、所在地、を変更しました。

新会社名:株式会社 信建設計コンサルタント 代表取締役 服部信幸
所在地 :千葉県野田市山崎1918-5
TEL   :04-7125-6674
URL     : [ http://homepage3.nifty.com/shinkensekkei/ ]

構造設計一級建築士事務所としての法適合確認業務の他に構造設計補助業務(一貫計算データー作成、
二次部材計算、基礎の設計等)、その他、構造設計に関する事は時間給制でも請け負います。
必要な時に、必要な労働力でお手伝いいたします。
実費は頂きますが、全国の皆様の事務所に伺っての仕事も請け負います。
金額はご相談ください。

マンション管理組合の方、現在設計依頼中の施主の方、デバロパーの方、構造設計者、今、構造設計に関してお困りの事は御相談下さい。

ご遠慮なく、ご連絡願います。

 


 [ 情報交流委員会 ]   2009/05/13 修正削除

日本免震構造協会より下記セミナーの開催について案内がありました。
詳細は、ポスターご参照ください。(クリックするとPDFで拡大表示します)
----------------------------------------------------------------------
耐震設計セミナー「高耐震性を目指した免震性能向上への取り組み」
Efforts in achieving advanced safety 
by enhancing seismic isolation performance
----------------------------------------------------------------------
開 催 日 : 平成21年5月22日(金)13:00〜
会   場 : すまい・るホール
       (東京都文京区後楽1-4-10 住宅金融公庫本店1F)
定   員 : 250名
参 加 費 : 会員・共催団体・学生 : 無料  非会員 : 1,000円
主   催 : 日本免震構造協会
共   催 : カリフォルニア大学バークレイ校、東京工業大学、京都大学
申し込み先 : [ http://www.jssi.or.jp/koshu/090508koshu.htm ]

耐震設計セミナーポスター(クリックするとPDFで拡大表示)



 [ 情報交流委員会 ]   2009/04/07 修正削除

                    建築関連法の簡略化 
                 − 建築基本法制定に向けて −
なぜ「建築基本法」が必要か。それは、今の建築基準法が私たちの求める社会規範や技術の現状と乖離しており、「建築基本法」によって建築の理念や関係者の責務を明らかにし、国民合意に基づくことからはじめることが必要だからです。建築基準法を始めとする関連法をどこまで簡素化できるか、さまざまな視点から問題提起いただき、新しい建築制度、法制度を議論する場にしたいと思います。参加は自由ですので、お仲間もお誘い合わせの上、奮ってご参加ください。 

            日時:2009年4月21日(火)18:00−20:30  
            場所:日本建築学会 建築会館ホール   
            会場地図 :[ http://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm ]
            主催:建築基本法制定準備会
            後援:(社)日本建築学会 (社)日本建築家協会 (社)日本建築士会連合会
               (社)日本建築士事務所協会連合会 (社)日本建築構造技術者協会
            主催者挨拶:建築基本法制定準備会会長  神田 順 (東京大学大学院教授)
            話題提供 :(タイトルは予定)
            黒木正郎(日本設計):建築学会、社会規範・法規範特別調査委員会報告の趣旨
             伊平則夫(久米設計):建築家から法体制に望むこと
            金箱温春(金箱構造設計事務所):構造基準と法規制のあり方
             小林勝己(フジタ):建築技術の活用のために
                      三栖邦博(日建設計):建築基本法に期待すること
                        パネル討論: テーマ −建築関連法の簡略化はどこまで可能か−
                      パネリスト:話題提供者  / 司会:神田 順 
   ------------------------------------------------------------------------------------------ 
                参加ご希望の方は、下記申し込み内容を記載の上、FAXまたはE-mail(member@kihonho.jp)で
               4月20日午前中までにお申し込みください。           参加費:無料、資料代:500円

                FAX  044-430-2851  事務局 西あて

             4月21日のシンポジウムに参加 を申し込みます。

             お名前                  FAX                    

            ご住所                                        

             e-mail                                         
 
                                      建築基本法制定準備会
                         事務局 211-0025 神奈川県川崎市中原区木月2-2-16 
                         建築設計事務所 アトリエ71 / TEL 044-430-2850



 [ 服部信幸 ]   2009/02/25 修正削除

私は本会の会員です。平成21年5月26日から新しく一定の建築物について構造設計一級建築士の関与が義務付けられます。
私は姉歯事件以来、確認検査機関で適合判定業務、確認検査補助業務、性能評価構造設計検査業務、過去の建物の遵法性のチェックに従事してきました。
そこで思った事は、構造設計者のチェックの甘さ、あるいはプログラムの理解度が低く適正な対応が出来ていない、モデル化が未熟、不適切等で問題となる事に対する設計者の対応の遅さでした。
理由としては、次の物件に追われている、時間が無い、若手設計者(所員)の仕事まで目が届かない等あると思います。
確認申請等外部に出す前に何故もっとチェックをしないのだろうか、結果として顧客である意匠事務所やデベロッパーの方々の信用を無くして営業的に大きな打撃となっているようでした。
私はそこで今回の法改正に合わせて、例えは良く有りませんが今までの検事的な立場ではなく、弁護士的立場に立って、仕事をしてみようかと考えています。
構造設計一級建築士の資格が無い、チェックの時間が取れない、ミスが減らない、確認申請や適合判定に一人で行く際の対応がうまく出来ない等で困っている方や、その様な方をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。
改正まで時間は有りますが、今から新しい事務所組織を考えてみませんか。私は必ずお役に立てると思います。



 [ 株式会社大塚商会解析プロモーション課イベント事務局 ]   2008/12/02 修正削除

建築構造設計に携わる皆様に、建築確認申請を行う際に必要な大臣認定プログラムの現状を、唯一大臣認定を取得ししている一貫構造計算ソフトのご案内と併せてご株式会社NTTファシリティーズ総合研究所の平賀様よりご講演頂きます。
このセミナーは11/14に開催され、ご好評をいただきましたので、急遽追加開催する事といたしました。
前回ご参加いただけなっかた皆様も是非ご参加下さい。

2005年11月に露呈した構造計算書偽装事件。構造計算書の改ざん防止や建築確認申請の効率化を目的とした大臣認定構造計算プログラム「SEIN La CREA」がリリースされ、早くも半年が経過しました。第1回は、「SEIN La CREA」の代理店である株式会社NTTファシリティーズ総研の平賀様にご講演いただきます。
偽装事件発生から現在までの3年間を振り返り、偽装事件および国の再発防止対策についての概要について、また「SEIN La CREA」認定版の偽装防止対策、大臣認定構造計算プログラムによる確認申請の留意点や大臣認定構造計算プログラムを取り巻く状況、及び最新の開発状況などを紹介するセミナーとなっております。

お申し込みはこちらから↓
[ http://event.otsuka-shokai.co.jp/09/0313kensetsu/ ]

〜講師プロフィール〜
株式会社NTTファシリティーズ総研
構造設計システム部長 平賀 章 氏

DEMOS-E建築ライブラリの開発及びSEを担当。その後EWS版、
PC版の建築パッケージおよび構造CADシステムの開発とそのSEに従事。


■■■■■■ 本セミナー(オンラインセミナー)について ■■■■■■

こちらのセミナーはご自宅等のPCから聴講できるオンラインセミナーです。実際に来場される場合は下記URLよりお申し込みください。
[ http://event.otsuka-shokai.co.jp/09/0313kensetsu/ ]

◆オンライン視聴に関するご注意(重要)
・セミナー開催については事前ににお送りする専用のURLからログインしてください。
・ログインはセミナー開始時刻の15分前の13:45から可能になります。
 10分前には視聴方法のアナウンスをいたしますので、ご覧いただきますようお願いいたします。
 尚、都合により開始が遅延することもございますので、ご了承ください。
・動作環境などに関して、セミナー当日の個別のご質問にはお答えできかねますので、ご注意ください。
・当セミナーのシステムは、サービスの安定運用に万全を尽くしておりますが、お客さまの環境やその時のインターネット状況等によっては止むを得ず、中断される可能性がございます。その場合は当社では責任は負いかねますので、予めご理解の上、お申込みくださいますようお願いいたします。
・万が一、ログインできない際は、ログインに必要な情報に間違いないか、セミナー動作環境に合っているか、ご確認ください。

株式会社大塚商会 解析プロモーション課 イベント事務局
cad-cae@otsuka-shokai.co.jp





 [ 灰野 昭一 ]   2008/11/18 修正削除

 2008.11.7(金)東京工業大学教授-和田章先生を講師として、「構造設計のゆくえ」と
題して、研修会が開かれました。その時、話題の提供者として、私が選ばれ、別添付の話
を、発表させて頂きました。ご興味のある方は、どうぞ、お読みになって下さい。



 [ PC-ARTS 副理事長 竹田清二 ]   2007/11/08 修正削除

第4回PC講習会のご案内

 
 NPO法人PC-ARTSが、環境にやさしく、耐久性・機能性・デザイン性に優れたPC工法の普及を目的に発足してから、早や4年目に入っております。これもひとえに会員並びに各方面の皆様方のご協力の賜物と日頃より深く感謝しております。
 さて、今年も秋恒例の4回目の講習会を開催します。わが国の建設業界はマンションの偽装問題に端を発して、とりわけ構造設計の建築確認認証のありかたが問われております。規制緩和による建築確認認証の民営化=商業化へ流れの中での未成熟な問題が根底にありそうです。いずれにしましても、これらの事件をきっかけに建築基準法が改定され、6月20日をもって施行されました。それに伴い、原案作成から長年放置されていました、PC関係の旧建設省告示第1320号も改正されました。
 この度、告示改正作業に携わってこられました建築研究所の加藤博人主任研究員に告示改正の要点とその解説をしていただくことになりました。狼少年を連想するくらい待たされた告示です。是非ご参加くださるようご案内します。
 また、第2部としまして、現在大混乱の建築確認の現状と建築確認認証機関について全員参加で意見を交換することにしております(ご意見をおありの方は、メモを持参してください)。
 

                 記
主催:NPO法人 PC建築技術支援センター      (事務局TEL:03-3234-2841)
日時:平成19年11月16(金)14:00〜17:00
場所:九段社会教育会館3F
〒102-0074 千代田区九段南1-5-10 TEL:03-3234-2841
交通機関:営団地下鉄東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線九段下駅 6番出口前
参加費:1000円(資料代他)
プログラム
『第1部』
14:00〜15:30 国土交通省告示 第1320号改定の解説
講師:独立行政法人建築研究所 主任研究員 加藤博人氏
15:30〜15:45 休憩
『第2部』
15:45〜16:30 建築確認申請の現状と建築確認認証機関について
16:30〜17:00 質疑応答

第4回PC講習会申込書
参 加             不 参 加
ご氏名:
勤務先:
住所( 勤務先 自宅 ):〒

TEL( 勤務先 自宅 ):           Email( 勤務先 自宅 ):
申し込みは:Email:pc-arts@nifty.com    FAX:03−3239−0586
締め切り:11月14日(水)定員になり次第締め切りさせていただきます(定員60名) 



 [ 情報交流委員会 ]   2007/10/25 修正削除

 建築基準法が改正され、建築設計業界に混乱が生じています。
特に建築確認申請作業は停滞しすることにより、
建築設計事務所の経営は悪化し、建築業界始め関連業種や日本の経済への
悪影響も懸念され始めています。
 
 これらの混乱は、法体系が整備されないままの法施行に大きな要因があると思います。
そこで、現状の問題点について意見交換することで、情報の共有を図るとともに、
関係各官庁・マスコミ及び各協会関係への働きかけの基礎資料としたいと考えています。
 ・法改正に対する意見
 ・確認申請、適合判定関連等に関する意見
 ・設計期間、設計料など発注者との契約問題
 ・現場監理及び協力業者(杭・鉄骨関係・PCメーカー等)での問題
 ・今後の問題
 ・構造設計者の目指すもの
など、いろいろなご意見を投稿していただきたいと思います。
 
なお、近日中に『法改正による掲示板』を別にオープンいたしますので、
その後は、そちらへのアクセスをお願いたします。
また、質問等につきましての回答はいたしかねますので、了解願います。
 
 
                                        東京構造設計事務所協会