ASDOからのお知らせ

ASDOからのお知らせ

 [ 研修委員会 ]   2015/08/28 修正削除

                  構造デザインのめざすもの その2
 
                  「キール・アーチは諸悪の根源、か」   
                  −形態抵抗構造の課題とデザイン−
                                                                                         平成27年8月
                                                                 共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                                                      日本建築構造技術者協会(JSCA)
           
             猛暑が続く昨今ですが、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申しあげます。
           この研修会も皆様のお陰をもちまして、毎回盛況の内に開催させて頂いていることに感謝申し上げます。
           今回の研修会は前回に引き続き日本大学名誉教授斎藤公男先生による「構造デザインの目指すもの」の
           第2回目のご講演として、下記の通り開催いたします。
           ご講演の内容については斎藤先生から別紙のような要旨を頂いています。
           要旨にありますように、今回は現在流動的な状況にある新国立競技場計画にも関係するお話をして頂け
           る予定です。
           多くの皆様の御参加をお待ちしております。

                                                      記                 
                   テーマ: 「キール・アーチは諸悪の根源、か」 −形態抵抗構造の課題とデザイン−
                   日時 :  2015年9月29日 (火) 受付:16時30分〜  研修会開始:17時  
                   場所 :  日大理工学部駿河台校舎1号館 6階 CSTホール
                 プログラム: 司会  市村隆幸(親交設計代表)         
                   17:00〜17:05  趣旨説明  金田勝徳(構造計画プラスワン)
                   17:05〜19:00  講演(休憩10分)
                 会費(資料代): 正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員・JSCA会員  ¥1,500 
                   非会員  ¥2,000  学生  ¥500  
                   参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
                   申込締切日 2015年9月15日(火)なお締め切り日前でも定員になり次第、締めきらせて
                   頂きますのでご了承願います。
                   問合せ先(株)星野建築構造設計事務所 TEL  03-3406‐3615
                申込書送付先 E-MAIL:kensyu@asdo.jp FAX:03‐3406‐3614

                   東京構造設計事務所協会 御中            2015年   年  月
                                        
          □ 9月29日(火)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会
          構造デザインのめざすもの その2「キール・アーチは諸悪の根源、か」
                   に参加を申し込みます
               
                  氏   名
          所  属                 
                   会員種別   ( 正 準 賛助 ) 会員   非会員  学生
  ********************************************************************************************************

                                            講演要旨
                                                                      日本大学理工学部名誉教授 
                                                                                      斎藤公男

           フィジカルな意味で、そして地球上では、空間を成立させる基本は「構造」である。
          構造のあり様によって建築の空間や形態が変化し、その質が決定される。そして建築の構造も
          またひとつの有機体であり、外から見える形式や形状は多くの支配因子の選択によって決定さ
          れたひとつの「解」(総合)。その生成のプロセスもまた、きわめて重要といえる。
          ここにモフォロジーとなる言葉は注目される起点がある。
        “Morphology”という言葉の起源は19世紀半ば、ギリシャ語のMorphe(形態)とLogy(学)からの造語。
          一説によれば、ForumはMorpheの逆語で、ゲーテによってつくられたといわれる。生物学における
          形態の変化や組織体を意味し、form、shape、type、configurationといった類義語とは異なった、
          奥の深いニュアンスをもっている。
         時代の思潮のみが突出していく世界と並んで、一方では普遍的で説得力のある「構造形態」を追求
          する世界がある。
        「空間と構造の交差点」に介在する原理と創造への関心こそが、そこにコラボレートする人との間に
          実りある対話をつくりだすはずである。
         そもそも空間構造とはなにか。
       「Space Structure、空間構造とは使い勝手の自由な広大な内部空間を創ることを目的として、これを
         外部空間としてとらえた時、環境Surroundings、Environmentとの釣り合いが十分成り立つ構造をいう。
         内部空間は第一で、外部空間は第二である。本構造の実利は第一で終わる」(坪井善勝「空間構造と
         Space Structureとは」『建築雑誌』1971,11)。
        Space(Spatial)Structureに対するイメージや定義は人によって多少違うようであるが、その基本的
         特徴として次の二点があげられよう。ひとつは構造体自身がも形態的な抵抗が顕著なもの。
         最も単純なものはアーチとカテナリーが示す軸力構造である。梁の持つ“量的な抵抗”に比べ
        “質的な抵抗”というべきか。構造体はスリムになり、軽く、そして柔らかくなる。したがって、座屈
         や大変形といった特有な構造問題が現れる。
        「形態」と「構成」は空間造形にとっても生命でもある。「形態抵抗」と「立体抵抗」をもつ空間構造
         にとって“構造表現”がいかに大きなテーマであるかという理由はここにある。
                                <「空間構造物語」(彰国社、2003)より>

     昨今、注目を浴びるオリンピック施設をめぐる様々な言説の中で看過できないフレーズが目につく。
         いわく「アーチ構造は諸悪の元凶だ」と。そこには隠された要因があり、表に現れない多くの議論が
         省略されたためにひき起こされる誤解を誰もが危惧していよう。ここではアーチ構造に代表される
        “形態抵抗”の歴史的系譜を辿ると共に、多様なデザインを展望する中で今日的課題を考えてみたい。