ASDOからのお知らせ

ASDOからのお知らせ

 [ 研修委員会 ]   2018/06/06 修正削除

           シリーズ「エネルギー吸収部材を用いた構造のデザインの可能性」
           第4回 グリッドシェル・テンション構造のデザインと応答制御

               講師:東京工業大学教授 竹内徹 先生

                                 共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                    日本建築構造技術者協会(JSCA)

         皆様におかれましては、ますますお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
        竹内徹先生を講師にお招きして実施してまいりました、研修会「エネルギー吸収部材
        を用いた構造デザインの可能性」のシリーズ最終回となる第4回研修会について、以下
        の通りご案内申し上げます。
         これまで3回の研修では、外殻構造(第1回)、心棒構造(第2回)、立体トラス・ラチ
        スシェル屋根構造(第3回)に関する、それぞれの構造デザインと応答制御についてお話
        を頂きました。
        各回のお話で、様々な構造方式による構造体が、地震動によってどのように挙動するか
        を予見し、それに対応する安全性を高めるための制御方法や、設計上の留意点などにつ
        いて、数多くの実例や地震被災例をもとに、大変興味深く、参考になるお話をお聞きし
        ました。
        前回の第3回で、第4回に予定して頂いていたテーマまで、勢いに乗って同時に講義して
        頂きましたので、第4回の今回は、特別追加講演ということで標記の様なテーマでお話を
        して頂くことになりました。
        したがって実質的にはシリーズの第5回ということになり、これまで同様、竹内先生の
        構造設計に関する様々なノウハウをお話しいただけるものと思っています。
        また今回はシリーズ最終回になりますので、研修終了後には最終回恒例の、竹内先生を
        囲んで簡単な酒食を共にしながらの意見交換会を予定しております。こちらの方も併せ
        て、皆様の積極的なご参加を心よりお待ちしております。
 
                        竹内徹先生よりのメッセージ

        圧縮を受けるグリッドシェル構造では剛性・耐力を低下させる幾何非線形性も、初期張力
        を伴うテンション(ケーブル)構造では剛性を高める方向に働き、これを利用することで様々
        な構造デザインが可能となる。
        最終回では構造物の大変形に伴う幾何非線形性について概説し、幾何剛性を利用した様々な
        構造デザインについて具体的な応用例を紹介する。
        また、幾何剛性が危険側に働く代表的な特性にPΔ効果がある。空間構造に限らず、超高層
        免震構造の設計等で問題となる幾何非線形性の検討手法についても触れる。これらの特性は
        第3回までの地震エネルギーのコントロールを超え、構造部材の歪エネルギーと建築物の位置
        エネルギーのコントロールに繋がる概念となる。
                            教科書/建築技術:力学・素材・構造デザイン 
        なお本書は、当日出版元の(株)建築技術より2,800円(税込み)で出張販売をして頂くこと
        になっています。

                               記
                 
        テーマ: テンション・トラス構造のデザインと応答制御
         日時 : 2018年8月2日 (木)
        受付  :17時30分より   
              場所 :研修会 日大理工学部駿河台校舎1号館 2階 121会議室
          意見交換会 同館 2階 カフェテリア
              プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
                 18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
                 18:05~19:35  講演 東京工業大学教授 竹内徹先生
                 19:35~20:00  質疑応答
                 20:10~21:30  意見交換会
              資料代 : 正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員・JSCA会員  ¥1,500 
                非会員   ¥2,000       学生    ¥500
              意見交換会参加費 3,000円

                 参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、E-MAILまたはFAXにて下記まで申し込み下さい。
                 申込締切日 2018年7月26日(木)
                 問合せ先(株)親交設計 TEL  03-5215-3033
               申込書送付先 FAX:03-5215-3034

                 東京構造設計事務所協会 御中                2018年  月  日              
                 □ 8月2日(木)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会
                 どちらかに丸印を付けてご返信願います

                 研修会   ・参加   ・不参加
                 意見交換会 ・参加   ・不参加

         氏   名

         所  属 
                
                 会員種別   ( 正 準 賛助 ) 会員   非会員  学生
                                 

                 竹内徹先生ご紹介
                 略歴
                 昭和57年東京工業大学工学部建築学科卒業
                 昭和59年東京工業大学社会開発工学科修士課程修了
                 昭和59年新日本製鉄建築事業部建築設計室
                 平成2年 英国Ove Arup & Partners派遣勤務
                 平成4年 新日本製鉄建築事業部鉄構設計室
                 平成13年東京工業大学総合理工学研究科博士課程修了
                 平成15年東京工業大学理工学研究科建築学専攻助教授
                 平成19年 同 准教授
                 平成21年 同 教授
                現在の主な研究テーマ
                 鋼構造、空間構造、耐震・制振・免震構造の研究を行う傍ら、これらを応用した
                 構造デザインを手がける。

                 主な学外活動
                日本建築学会:総務理事(2011.6~2013.5)
                   監事(2016.6~)
                シェル・空間構造運営委員会主査(2015.4~)
                鋼構造運営委員会委員
                副会長(2018.6~)
                日本学術会議 土木工学・建築学委員会 連携会員
                IASS Executive Council, Chair WG8