ASDOからのお知らせ

ASDOからのお知らせ

 [ 研修委員会 ]   2019/12/27 修正削除

               ASDO・JSCA東京共催 技術研修会のお知らせ

               シリーズ「これからの建築構造工学を考える」

               第2回 限界状態設計法
               講師:東京大学名誉教授 日本大学客員教授 神田順先生

                             共催 一社)東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                一社)日本建築構造技術者協会(JSCA)

           年の瀬を迎えて皆様方には慌ただしい日々をお送りのことと存じます。
          今年の日本列島は、相次ぐ台風による豪雨と暴風に大きな被害を受け、とうとう日本は
          自然災害大国と言われるまで大きな災害に見舞われました。
          被災地の方々のご苦労はいかばかりのものかと、心よりお見舞い申し上げます。
          こうした近年の想定外の自然現象による大災害にの中にあって、今構造設計者の間では
          外力をどの程度の大きさまで想定するべきなのかに関心が寄せられています。
          そこで現在、ASDO,JSCA共催の研修会では、神田順先生を講師にお招きして、先生の専門
          分野である確率論に基づく設計荷重論をお話し頂いています。
          シリーズの第1回では不確実性を含む自然現象に対する安全性を定量化する手法として、
          理論的極値分布を考えるグンベル分布、経験的極値分布を考えるカンダ分布を中心にお話
          し頂きました。
          シリーズ第2回目では確率論の視点からたった限界状態設計法について、お話を伺うことに
          なっています。
          神田先生より以下の通り皆様へのメッセージを頂いております。
          お忙しいこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、皆様の奮ってのご参加をお待ちし
          ております。


                       神田先生よりのメッセージ第2回 

          第2回目は、確率論を基本とする構造設計の枠組みとして、国際的にも一般に用いられて
          いる限界状態設計法について、主に4つのトピックスについてお話します。
          1)信頼性指標は、ISOでも構造安全性を評価するためのβとして定義されている。
           正規分布する確率変数に対して、確率的に便利な指標である。
          2)ヨーロコードは、ヨーロッパが一つの経済圏であるために構造設計法を統一的な基準
           とするため1990年ころから今日まで整備されてきている。ISOとは協定により整合する
           ことが求められている。
          3)AFOSM法は、確率変数が正規分布でなかったり、限界状態を表現する関数が線形でなく
           ても、同様にβを求めるための方法であり、これにより普及が進んだ。
          4)荷重係数は、信頼性指標と変数のばらつきに応じて係数が定まるので、その意味が、
           合理的に説明できる。
           もっとも荷重のばらつきが卓越するのであれば、再現期間換算係数と同等に扱うことが
           できる。
 
                 テーマ:シリーズ「これからの建築構造工学を考える」

           第二回「限界状態設計法」
            日時 :2020年1月15日(水)
                     受付  :17時30分より   
                    場所 :日大理工学部駿河台校舎1号館 2階 121会議室   
                    プログラム: 司会  市村隆幸(㈱親交設計)         
                      18:00~18:05  趣旨説明  金田勝徳(㈱構造計画プラス・ワン)
                      18:05~19:35  講演 東京大学名誉教授 神田順先生
                      19:35~20:00  質疑応答
                    資料代 : ASDO正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員 ¥1,500 
                      非会員 ¥2,000        学生 ¥500
  
                      参加希望の方は、下記申込みフォームよりお申し込み下さい。
                      ※JSCA会員としてお申込みの方は、JSCA窓口よりお申込みください。
                    →  https://forms.gle/2z1F2KvZqcWWStTk7
                      申込締切日 2020年1月8日(水)