ASDOからのお知らせ

ASDOからのお知らせ

 [ 研修委員会 ]   2014/11/25 修正削除

          ASDO・JSCA東京共催 研修会 構造デザインのめざすもの その1 
               「大規模な空間構造デザインの魅力と課題」
                             −新国立競技場をめぐって−
                                         平成26年11月
                              共催 東京構造設計事務所協会(ASDO)
                                 日本建築構造技術者協会(JSCA)
        皆様
        今年も残り少なくなり、日毎冷え込みも増している昨今ですが、皆様におかれましては
        ますますご健勝のこととお慶び申しあげます。この研修会も皆様のお陰をもちまして、
        毎回盛況の内に開催させて頂いていることに感謝申し上げます。
        今回からの研修会は日本大学名誉教授斎藤公男先生を講師にお招きして、これまで同様
        4回のシリーズで御講演をお願いすることになりました。斎藤先生にお願いしている全4
        回の御講演の共通テーマは「構造デザインのめざすもの」です。その第一回目は冒頭に
        ありますように、現在社会問題として大きな注目を集めている新国立競技場を中心にお
        話頂くことになっております。研修会実施要綱は次ページにお示ししている通りです。
        以下は斎藤先生から頂いた講演要旨です。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

        講演要旨
        エンジニアリング・デザイン(ED)とアーキテクチャーとの融合・触発・結合の様相を
        強く認識しようとするArchi-Neering Design(AND)には、「二つのベクトル」 という
                コンセプトが底流している。つまり求めるもの(イメージ) をどう実現するかという 
                ベクトルと、テクノロジーの潜在的な可能性・合理性をどう魅力ある建築に融合し得る
                かというベクトルである。想像力と実現力は、個人あるいは共同の中で激しく交錯する。
               いずれにしろ、通常経験の少ない「大空間デザイン」の実施には、 技術全般にわたる
                ホリスティックな見通しが重要である。その意味から計画の初期段階で、イメージとし
                てのデザインをどこまでエンジニアリングがその実現性を担保できるか、あるいはより
                合理的なオータネイティブを提示し得るかがプロジェクトの成否の鍵となる。その戦略
                が問われよう。
                代々木国立競技場(1946)からちょうど50年。かつて日本の復興シンボルとして世界に
                飛翔した名建築と同様、新国立競技場もまた21世紀の日本の向かうべき姿をアピールし
                て欲しい。誰もがそう願っている。やればできたということでなく、どのようにそれを
                実現したか、その筋道を辿れる「物語」が望まれる。それを支えたいと多くの人が思っ
                ている。
               東京オリンピック2020に向かうプロジェクトは、東北の復興や原子力問題、防災都市の
                構築や環境景観問題と切り離すことはできない。いままでも、そしてこれからも、日本
                が世界に誇れる言葉はMOTTAINAIとOMOTENASHI。その精神―Less is More  を体現する
                構造デザインを期待したい。
               (“鉄構技術”2014.2「新国立競技場をめぐって」より)


                                                      記                 
                テーマ: 「大規模な空間構造デザインの魅力と課題」−新国立競技場をめぐって−
                日時 : 2014年12月18日 (木) 受付:16時30分〜  研修会開始:17時  
                場所 :日大理工学部駿河台校舎1号館 6階 CSTホール
              プログラム: 司会  市村隆幸(親交設計代表)         
                 17:00〜17:05  趣旨説明  金田勝徳(構造計画プラスワン)
                 17:05〜19:00  講演(休憩10分)
              会費(資料代): 正会員・準会員・賛助会員・会員事務所所員・JSCA会員 ¥1,500 
                非会員       ¥2,000  学生  ¥500  
                参加希望の方は本申込用紙にご記入の上、FAXにて下記まで申し込み下さい。
                申込締切日 2014年12月4日(木)なお締め切り日前でも定員になり次第、締めき
                らせて頂きますのでご了承願います。
                問合せ先(株)星野建築構造設計事務所 
             申込書送付先 FAX:03‐3406‐3614

                 東京構造設計事務所協会 御中             2014年  月  日
                 □ 12月18日(木)開催のASDO・JSCA東京共催 研修会
                構造デザインのめざすもの その1「大規模な空間構造デザインの魅力と課題」
                に参加を申し込みます
                         氏   名
                       所  属                 
                会員種別   ( 正 準 賛助 ) 会員   非会員  学生