会員コラムなどを継続的に掲載

ASDO会員リレートーク

 [ 情報交流委員会 ]   2010/12/14 修正削除


                          (株)日本アンカーシステム 
                                  竹澤 順一

      時季外れの事(テーマ)ですが今年の夏はとにかく暑かった思いで述べさせて頂きます。
     今年の猛暑、「30年に一度の異常気象」が様々なところに影響が...。
     この夏の記録的な猛暑について、気象庁の異常気象分析検討会は、
     「30年に一度の異常気象」との見解を発表しました。日本付近を流れる偏西風の
     蛇行や今春まで続いたエルニーニョ現象が主な原因という。
     検討会によると、この夏は梅雨明け後に日本付近の上空を流れる偏西風が
     北側に大きく蛇行し、太平洋高気圧と大陸からチベット高気圧の勢力が強まった。
     さらに、南米ペルー沖で春まで続いたエルニーニョ現象と今夏に新たに起きた
     ラニーニョ現象の影響が重なって、北半球の中緯度地域の空気が暖められた
     ことが記録的な気温の上昇をもたらしたという。
     検討会会長の木本昌秀・東京大学大気海洋研究所教授は記者会見で「地球温暖化
     の影響を考えると、近いうちに同じような猛暑を経験することもあり得る」と話した。
           (PCより一部転載)
      ところで、今年の異常なまでの猛暑影響で、様々なところで異変が起きているようです。
     皆さんが毎日のように耳にする「熱中症」という言葉は、数年前から聞かれるように
     なったものの、今年ほどこの言葉を聞かなかった日はなかったと思います。
     「熱中症対策」は誰しもが頭で理解しても、様々な理由で行動に移すことができず、
     命を落とされる方も少なくありません。
     これだけ命を落とされる方がいるにも関わらず、暑さが落ち着く頃になって、環境省が
     「熱中症対策」に向けた助成を検討し始めるという対応の遅さには呆れてしまいます。
     「国民の生活が第一」と言っていたはずなのに...。
     またこの異常な猛暑は、私たちの生活にも影響がありました。
     例えば、野菜(葉物)や魚、肉などの食料品の価格が高騰(野菜)が今だに高いです。
     毎週末、スーパーで食糧品を買いに行っていますが、一時より価格が下がりましたが
     当初はどれも価格が上がっていることに驚いてしまい、一週間の献立を低価格で
     抑える工夫で”妻”は四苦八苦してました。
     私はもっぱらビールではなく(発泡酒)と冷凍枝豆・豆腐で夏の間過ごしていた様な...。
     これだけ野菜や果物が高騰しているのは、言うまでもなく、この異常な暑さの
     影響によるもので、果物については暑さ以外に、虫の食害のうけているようです。
     これから(秋口)にかけ例年だと虫の姿を見せるのだそうてすが、今年は姿を
     見せるのが早かったのだそうです。
      つまり、この暑さや地球温暖化などの影響により、生態系が乱れているのです。
     以前、マスコミが挙って報道していましたが、秋の味覚の定番である秋刀魚や
     松茸など収穫量が例年に比べて減少傾向にあるのも、生態系が乱れている
     ことを示しているといえます。
     私たちも、地球温暖化について考え身近なところから具体的に実践していくことが
     求められていっます。我が家も、遅ればせながら節電など地道に行い始めました。
     今年の冬は夏が暑かった分相当寒くなりそうです。

      皆様も、お身体には十分お気をつけられますようお祈り申し上げます。