会員コラムなどを継続的に掲載

ASDO会員リレートーク

 [  ASDO情報交流委員会 ]   2014/09/24 修正削除

                                 岸和田金属(株)
                                 井上 健太

 岸和田金属は社名のとおり本社は大阪の岸和田にございます。だんじり祭りで有名なあの岸和田です。私の生まれも大阪で以来大阪を出た事がありませんでした。地方の出身者にある地元愛的なものでしょうか、岸和田金属に就職した理由のひとつに大阪を離れたくないと言うのがあったほどです。(当時は大阪本社しか拠点がなく、転勤がない会社でした。)そんな中、会社が千葉に拠点をつくるということとその立上げのメンバーとして千葉へ行くよう命ぜられたのが5年前のことです。
 5年も経てばだんだんと慣れてきましたが、最初は文化の違いと言えば大げさですが、言葉の違いなどで苦労した記憶がございます。取引先ではあまり関西弁は使いませんが、社内ではほとんどの会話で使っています。『アホとバカの使い方』や『マックとマクド』など有名なものはさておき、当たり前のように使って通じなかったものがあります。
 たとえば『なおす』と言う言葉ですが、「この書類、その棚になおしといて!」なんて言ったりしますと、???なおす・・・なんて事がありました。片付けると言う意味なのですが、千葉の方では『かたす』な
どと言うようです。『なおす』はキズを治すなどに使ったりするようです。
 あと『ほかす』も通じなかったひとつです。「この書類ほかしといて!」なんて使うのですが、もちろん???です。関西では『捨てる』と言う意味ですが、こちらは『ほかす』と言う単語すらありません。
 さすがに5年も経てば、自分も違いに慣れてきたという面と回りも関西弁を少しずつ理解してくれてきていると言うこともあり、ほとんど支障なく会話ができるようになってきました。がしかし、それ以前の問題ですが、私が歳をとってきたこともあり、社内や家庭でよく言われるのが、『アレ』とかで話をすることです。ヒドイときは「アレをアレしといて」なんてことも・・・妻からは「アレしか言ってないやん」と言われ、部下などからは「もう少し、具体的に指示いただけませんか・・・」など方言以前の指摘を受ける今日この頃です・・・。