賛助会員からのお知らせを掲載しています。

賛助会員からのお知らせ

 [ ユニオンシステム(株) 長田秀二 ]   2011/07/13 修正削除

ASDO会員の皆様方には、いつも大変お世話になっております。

ユニオンシステムでは現在、以下のように「長周期地震動作成プログラムのモニター募集」を行っております。
この場を、お借りしてご案内申し上げます。

平成22年12月21日、国土交通省住宅局建築指導課より、「超高層建築物等における長周期地震動への対策試案について」(以下「対策試案」と記します)が公表され、長周期地震動に対する超高層建築物や免震建築物等のさらなる安全確保をめざし、具体的な検討方法や検討に用いる長周期地震動(以下「国交省長周期地震動」と記します)の作成方法が示されました。すでにこの内容に関する意見交換会や意見募集が行われ、近い将来、正式に実施されるものと推察されます。ただし、平成23年3月11日の東日本大震災における東京都内に建つ超高層ビルの実際の地震応答等を受けて、「国交省ではさらに基準を強化する」旨の報道もあり、大幅な改訂が行われる可能性もでてきました。

弊社では、これらの背景より「国交省長周期地震動」の作成支援プログラムの提供準備を進めてきており、「対策試案」による地震波が作成できる基幹機能の登載は概ね完了し、今後、内容の改訂に対応することと付加機能の充実を図る予定としています。一方、東日本大震災発生以前からの長周期地震動に対する社会的関心の高さ、また構造設計に携わる多くの技術者の方において、「対策試案」ではあるものの長周期地震動の検討機会を多くすることの様々な意義を考え、現段階での「国交省長周期地震動」作成プログラムのモニター利用を募集させていただくこととしました。

弊社プログラムをご利用でないお客様もお申し込みいただけます。
多くの設計者の方々ににお試しいただき、ご意見を賜ることが出来れば幸いです。
どうか、お気軽にご利用ください。

詳細、お申し込みにつきましては以下のアドレスにてご確認ください。
[ http://www.unions.co.jp/info/2011/110613.html ]

【USR】 ユニオンシステム株式会社
営業推進室 長田秀二(ナガタシュウジ)