ASDOメイン掲示板

オープン掲示板

この度、構造設計とBIM活用の最前線をお伝えするセミナー企画いたしました。
構造BIMの推進にご尽力されている大成建設(株)の大越様、「Autodesk Revit」を活用してBIMデータによる確認申請の事前審査プラットフォームを共同で開発された大和ハウス工業(株)と日本ERI(株)の実務担当者様にご登壇いただき、構造BIMを取り巻く環境と最前線の取り組みを紹介します。また、弊社からは「Autodesk Revit」と一貫構造計算ソフトのダイレクトなデータ共有を実現した新製品「BUS-6 +Revit Op.」を紹介します。
受講費は無料です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

[日程] 2018年11月21日(水)13:30~17:00 ★受講費無料★
[会場] 御茶ノ水 ソラシティ ホール  東京都千代田区神田駿河台4-6
[主催] 株式会社構造システム [技術協力] オートデスク株式会社
お申込はこちらから ⇒ [ http://www.kozo.co.jp/seminar20181121/ ]

      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【講演1】構造設計とBIMによる情報利用
 講師 大越 潤 氏 (大成建設株式会社)

構造設計業務でのBIMは、数年前までの大手組織事務所や大手ゼネコンの活用から、現在では比較的規模の小さな組織でも活用されるようになった。これは、構造BIMを取り巻く周辺環境が整備されたことが大きいとも言えるが、現在どういった活用が進んでいるのか。また、情報利用による効率化に対しては、未だ幾つかの課題も存在し、それに対する活動も関係諸団体を通じて行われている。こうしたことを踏まえて、今後期待される活用方法について解説を行う。

      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【講演2】確認申請におけるBIM活用
 講師 宮内 尊彰 氏(大和ハウス工業株式会社)
    関戸 有里 氏・稲葉 隆一 氏(日本ERI株式会社)

建築確認申請においてBIMを活用したいという声が高まっています。建築確認分野へのBIM適用に関する検討を行う動きが活発化している中で、建築確認申請とBIMを取り巻く最新動向や今後の展望について紹介します。
合わせて、BIMを活用した確認申請の構造分野のトライアル事例を紹介します。ここでは、設計者と審査者間におけるBIMによる情報活用の方法とともに、今後の展望を踏まえて現時点での課題を報告します。

      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【講演3】「BUS-6」と「Autodesk Revit」で開く構造計算の未来像
 講師 安田 正弘 (株式会社構造システム)

構造設計分野におけるBIM活用のため、構造計算ソフトとBIMソフト間の連携メリットは最大にデメリットは最小にすることを目標に、「BUS-6」と「Autodesk Revit」とのダイレクトなデータ共有とそれにより得られるソフト間の高精度なデータ整合性を「新しいデータ連携のカタチ」として実現する新製品「BUS-6 +Revit Op.」を開発しました。製品内容とこの先の未来像についてご紹介いたします。